インプラントの特徴と仕組みについて

従来までであれば、歯を失ったときの治療法として確立されていたものは、入れ歯やブリッジが代表的なものだったと言えます。

現在では失われた歯の代わりに使用することができる、人工的な歯としてインプラントを選択することが可能です。


インプラントとは無くなった歯の代わりに、顎に埋め込む歯のことで、人工歯根を骨に埋めることで天然の歯と同じような自然な歯にできる仕組みとなります。

骨に定着させることで、自分の歯と全く同じように使うことができることから、第二の永久歯という呼ばれ方もしています。



インプラントが従来まで採用されていた歯の治療と異なる部分は、歯肉を切開することによって、顎の骨に穴を開けてその中に人工歯根を埋め込むものとなりますので、天然の歯に遜色のない機能性がある点と言えます。

東京の審美歯科の情報を手に入れてみませんか?

インプラントのような歯の根っこを作る治療法は、現時点では他に見つけることはできません。

顎に骨を埋め込んでいる人工歯根と、歯茎から見ることができる人工的な歯、その両者をジョイントする部分となるアバットメントという3つのパーツで成り立っています。

今よりもコトバンク情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

この3つのパートをどのように入れるのかで、手術の回数であったり、治療にかかる期間が変わってくることになります。顎の骨に埋め込む方法で固定していますので、骨が痩せることやぐらつくなどの問題が生じることはなく、天然歯と同じようにしっかり噛むことが可能となる治療法と言えます。

治療法としての特徴としては、外科手術が必要になるということと、保険が適用されない自由診療になりますので、高い費用がかかってしまう点も挙げることができます。